背中ニキビの原因


背中ニキビができていると、気になって不愉快だったり、背中の開いた服を着られなくなったり嫌ですよね。厄介な背中ニキビの原因とはそもそも何なのでしょうか。実は、背中ニキビはひとつの原因だけで発症するわけではなく、さまざまな要因が絡み合ってできるものなのです。背中のニキビが発生するまでには、いくつかの段階があります。最初の段階になる前にしっかりケアしておけば背中のニキビは予防できるので、自分の思い当たる原因を悪化させないようにすることが大切です。

背中ニキビを発生させる原因は大きく二つに分かれます。ひとつは、睡眠不足や過労によって生じるストレスです。精神的なストレスを受けると自律神経が刺激され、交感神経が活発になる事で男性ホルモンが過剰に分泌されてしまいます。男性ホルモンが多く分泌されることでホルモンバランスが乱れるとニキビができやすくなります。

また、もう一つの原因は肌の乾燥です。肌が乾燥すると、乾燥を防ごうとする働きによって過剰に皮脂が分泌されます。もともと背中には皮脂腺が多く、毛穴の数もたくさんあるため、過剰に皮脂が出ると毛穴詰まりの原因になります。毛穴に詰まった皮脂が酸化すると角栓になりますが、その状態が悪化するとニキビに変わっていきます。

背中ニキビをケアする


気が付いたらできている背中のニキビは意外に厄介なものです。実は背中は、毛穴と皮脂腺が多く集まっているので、ニキビができやすい場所です。背中は意外と汗をかきやすい場所なので、雑菌が繁殖しやすい環境なのです。そのため、皮脂腺から出た皮脂が毛穴を塞ぎ、雑菌が繁殖しやすい背中は、どうしてもニキビができやすくなってしまいます。

顔のニキビの原因が皮脂というのはよく知られている事ですが、背中のニキビも、やはり皮脂が原因です。皮脂を避けようとして間違ったケアをしてしまうと、余計に背中ニキビができてしまう事をご存知ですか?なかなか背中ニキビが改善されず、逆にどんどん悪化してしまうという方は、間違ったケアが原因かもしれません。

たとえば、背中の皮脂を洗い流そうとしてボディーソープなどで洗っても、洗い残しがあればそれが皮脂の原因になってしまいます。また、しっかり体の皮脂を洗い流そうとして熱いお湯のシャワーを浴びるのも、肌を乾燥させてしまう原因になり、逆に皮脂が多く発生します。背中ニキビに乾燥は大敵です。乾燥を防ぐためにしっかり保湿をしていれば、背中ニキビは予防することができますし、改善にも役立ちます。

背中のニキビというのは非常にできやすく、治りにくいものです。背中ニキビになる原因を知って、適切なケアを心がけましょう。今回は、意外と知られていない背中ニキビについての知識や、予防のための保湿の大切さを解説します。

最近の投稿

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31